こころのエステ


好きなことが見つからない

投稿日時:2016/07/07 01:10


本日のテーマは「好きなことが見つからない」です。
実際にあったご相談内容です。皆さまも、一緒に考えていただければと思います。

好きなことが見つからない

実は、カウンセリングではけっこう多いテーマでもあります。

基本的に「好きな事」をわざわざ探しに行くことはありません

と、クライエントにはお話ししています。

恋は落ちるもので探すものではない

これとよく似ています。

「好きなことが見つからない」と言う方は、「好きな人と出会えない」
と、おっしゃることが大変多いのです。
そして、こちらの答えも同様です。

遠くまで探しに行く必要はありません
ネットで検索する必要もありません
人と比較して不安になる必要はありません

ということなのです。





「好き」という気持ちは情熱です。
情熱を持ち続けることは、エネルギーのいることです。

「好き」という気持ちが生まれにくいタイプの人は
パワーが不足している、という言い方もできますが
いいとか悪いではなくて、それが個性なのです。

エニアグラムという、パーソナリティ診断があります。
タイプを9つに分けて分析するものです。
「タイプ6」の方は、「倹約家・安定志向」というタイプの方です。
このタイプは、組織にいることが苦になりません。
途中でやめる事なく、定年まで働き続けるタイプの方です。
協調性があります。
安定していることが重要で、土台が揺らぐと非常に不安感が強くなります。

こうしたタイプの方に
「定年後のために、何か好きなことを見つけなさい」
と言うと、不安感におそわれます。

何年もの間、組織で守られていることが当たり前だったのです。

今の20代の方にとっては「リスク対策がなさすぎる」
とお思いかもしれませんが、
50代以上の日本人に、こうしたタイプは山ほどいます。

このスピーディーな時代に、できるだけ安定するためには
自分自身が変化していくことこそが求められるのですが
なかなかそれがうまくできません。

いいとか悪いではなくて、それが個性なのです。

自分自身の個性ですから、それをしっかりと知りながら
なるべく不安を解消するための道を考えていく
それが現実的な対処法になります。

「好き」なことは、子供の頃にすでに見つかっています。

多大な情熱をかけられるかどうかは、その人のタイプと
エネルギーの大きさによって、変わります。

もし、「好き」なことを情熱のレベルに変えたい
残りの人生を、熱く生きたい、と願うのであれば
エネルギーを蓄え、パワーを養う必要があるのです。

「好きなことが見つからない」
という言葉の本質は_____

パワーが不足している

ということです。
残念ながら、それが本質です。

体力をつけるためにはどうしますか?
眠っていても、休息をしても、体力はつきませんね。
運動する、という負荷をかけることです。

パワー不足に対しても同様です。
負荷をかけることでしか、エネルギーを増やすことはできません。

自己イメージを
かよわくて守られている私 ➡ 一人で行動できるパワフルな私

へ変えていくことができるかどうか・・・

やはり努力しかありませんね。








Powered by Flips