こころのエステ


プレゼンスを意識しましょう

投稿日時:2016/03/20 18:04


パートナーシップのためのセルフカウンセリング」通信講座のテキストを執筆し始めました。

今日は、その中の重要なコンテンツ、プレゼンス という概念についてお話したいと思います。

私は心理カウンセラーでもあり、イメージコンサルタントでもあります。

結婚したい、あるいは出会いを引き寄せたい・・・と思っている女性であれば「こころ」も「外見」もそのように変えていく必要があります。

「こころ」の持ちようは心理カウンセリングの分野であり、「外見」はイメージコンサルティングの分野です。実際は、そのようにきっちりと区別はできないものなのですが・・・。

そんな時に、プレゼンス(=存在感)という言葉はとても便利だと思ったわけです。

人は誰でも多面的なもの。どの部分を見せるか、印象付けるかを自分で選ばなくてはなりません。例えば、時々見られるケースです。職場でノースリーブ。どんなに暑い真夏でも、これはNGです。どんなに素晴らしいボディラインの持ち主であろうと、職場で女性らしさをアピールするのはマイナス以外の何物でもありません。


私の「恋愛コーチング」のお客様は、30代後半から40代の方々がほとんど。

彼女たちは、きちんとしたフルタイムの仕事をしていて、清潔感のある装いを心がけています。お会いしてしばらくお話しているうちに、共通して感じる要素があります。

もったいない・・・(ため息(´・ω・`))

この感覚はいったいどこから来るものなのでしょう。2つのタイプに分かれます。ひとつ目は・・・

現実にどっぷり漬かり過ぎている

出会いを引き寄せるためには、当然のことながら、家と会社の往復ではダメですよね。

会社(仕事)モードから切り替えて、ふんわりとしたワンピースに着替えて出かけなくては!

まぁ、これはわかりやすいジョークというか比喩ですが、現実モードの中にロマンティックは介入できません。男性の惹かれる要素を取り入れるためには、プラスアルファがどうしても必要です。

そして、2つ目は、カウンセリングが必要な方々です。

結婚したい人がいて、長年付き合っているのに結婚できない

これは、案外ややこしい問題をはらんでいるケースです。もしも、彼女が出会いの頃からプレゼンスを意識していたならば、「8年越しの永すぎた春」というようなことは起こらなかったはずなのです。

私のHPのトップ画面には

Be 存在、Do 行動、Have 結果

こんな図がありますよね。

Be 存在  が土台にあり、1番重要なのです。

物事を成し遂げるためには、成就させるためには、ここに着目しなければなりません。

Be 存在  とは、言い換えればプレゼンス のこと。

プレゼンス は、婚活してる人にも重要ですし、求職中の面接の時にも功を奏します。

ぜひ、意識してみてください(●^o^●)





Powered by Flips